Snippets の Gist.scrippet で Private gist したい。

深津さんの、エントリー “ iOS開発におけるパターンによるオートマティズム ” を読んで、早速私も Amazon で購入しました。

まだ、第一章しか読んでいないので、感想は書けません。

このエントリーで、Snippets というソフトウェアに触れられていたので、ダウンロードして、試用しています。

今まで、同じ様な用途に、Evernote を使っていたのですが、こちらは、テキストデータに特化しているので、検索が早く、シンタックスハイライトも付いているので、気に入りました。

メニューバーから、Scrippets という、拡張機能が選択でき、そこから、各種スニペット共有サイトにポストできたり、Placeholder (テンプレートタグみたいなもの) を置換したりできます。画像のものは、バンドルされているものです。

自作や、配布されているものを、新たに追加することも可能です。

Capture1

この中の、gist.github.com は、ブラウザでログインしている、いない、に関わらず、Anonymous として投稿されてしまいます。もちろん、Private gist も作れません。

なので、恐らく、この bundle の作者の、ベルギーの Simon さんという方のリポジトリを fork して、修正しました。

Capture2

オリジナルは、Gist Create API : http://gist.github.com/api/v1/xml/new に、データを POST していたのですが、Private gist が仕様が公開されていないか、サポートされていないか、私が見過ごしたか、なので、gist のコマンドラインツール のコードを参考に、Gist の投稿ページ : https://gist.github.com/gists へポストする様に変更しました

一応、Pull request したので、もしかしたらバンドルされるかもしれませんが、もし、同じ悩みをかかえている人がいたら、私のリポジトリから、ソースを落として下さい。

https://github.com/ngs/snippets-gist-scrippet

インストールするとき、" 既に、Gist.scrippet はインストールされてるよ “ と怒られるので、その前に、一度 Snippets を終了して、Snippets.app/SharedSupport/Scrippets/Gist.scrippet を、リネームするなり、削除するなりして下さい。

 

Scrippets は、JavaScript / CSS / HTML / Ruby で実装されているので、簡単に作成できます。

API リファレンスが見当たらないので、仕様は手探りなのですが、Snippets.app/Contents/Resources/Scrippet.js に実装されているクラスのコードを読めば、JavaScript からアクセシブルな情報は、全て理解できます。

パッケージの構造は、こちらのスライド の 28 ページ目で紹介されています。

また今度、自分オリジナルの Scrippet を作ってみたいと思います。

comments powered by Disqus