のエントリー

AngularJS アプリケーションの画面上で文言変更を行い、Pull Request を送る API

I18n

Kaizen Platform では、AngularJS アプリケーションの画面上で多言語化した文言の変更を行い、Pull Request を送る仕組みを使っています。

この仕組みで、プロジェクトマネージャーや、その他担当者から、エンジニアへの文言変更の依頼なしに、直接、定義ファイルの変更を行っています。

元々、API 部分はオープンソースで開発していましたが、より、社外の人に触って頂きやすくするため、サンプルアプリケーションを公開しました。

この仕組みは、ng-japan 2015 での同僚の @ku による LT でも紹介されています。

当日の資料は 動画スライド が公開されています。

もっと読む 

iOS アプリの継続ビルドを CircleCI に変更した

Main

今まで Travis CI で設定していた iOS アプリのビルドを CircleCI に変更しました。

現在、iOS ビルドの機能は Experimental Settings として提供されています。

https://circleci.com/mobile

もっと読む 

Hubpix - GitHub リポジトリ内の画像マネージャー

Hubpix

03/13-15、同僚たちと行った開発合宿で、GitHub リポジトリ内の画像マネージャー Hubpix を作りました。

https://hubpix.herokuapp.com/

GitHub のリポジトリに Web 画面から直接画像をアップロードすることができます。

以下の様な用途に利用することを想定して開発しました。

  • GitHub で静的サイトのコンテンツを管理していて、その更新と共に、Git に不慣れな方に、資材の追加をお願いする。 
  • モバイルからの写真アップロード機能で、素材の受け渡しが iPhone 直接できる。
  • 何でもいいので、画像保管庫として使う。

ソースコードは ngs/hubpix で公開しています。

もっと読む 

静的サイトジェネレーターで作ったサイトの検索 API

Screen1

以前、このブログで 直接 GitHub API v3 を使って検索画面を作った方法 を紹介しましたが、業務でも同じ方法を試み、後述の理由で、自前で簡易検索 API を作りました。

kaizenplatform/doc-search-api on GitHub

もっと読む