VMWare .vmdk を VirtualBox .vdi に変換する

VMWare で作成した仮想端末を VirtualBox に移行するのに、ハマったのでメモです。

      Virtual Machine Library から VM を選択、コンテキストメニューから Settings を選択、もしくは CMD+E で設定画面を表示
      HardDisks を選択
      Split into 2 GB Files のチェックを外し、Apply ボタンをクリック
      Virtual Machine Library から VM を選択、コンテキストメニューから Show In Finder を選択
      Q.app をダウンロード + インストール。Q – [kju:]

      Terminal.app などを使って cli で、以下のコマンドを実行

      $ cd ~/Documents/Virtual\ Machines
      $ /Applications/Q.app/Contents/MacOS/qemu-img convert $VMMACHINE$.vmwarevm/$VMDISK$.vmdk raw-file.bin
      $ /Applications/VirtualBox.app/Contents/MacOS/VBoxManage convertdd raw-file.bin $VMMACHINE$.vdi
      $ rm raw-file.bin

      .vdi ファイルは、自分の管理しやすい場所に移動します。

      VirtualBox.app を起動。

      ツールバーから、New ボタンをクリック。ウィザードにしたがって、Name / OS / Version / Memory を然るべき値に設定

      Virtual Hard Disk の画面まできたら Book Hard Disk はチェック、Use existing hard disk を選択し、プルダウン右にある、参照アイコンをクリックして、.vdi ファイルを選択。ウィザードを完了させます。

      cli から、以下のコマンドを実行します。

      $ /Applications/VirtualBox.app/Contents/MacOS/VBoxManage modifyvdi $VMMACHINE$.vdi compact

      VirtualBox.appVirtualBox Manager から、VM を選択し、コンテキストメニューから、またはCMD+SSettings を開き、Storage に移動。

      SATA Controller の下に、.vdi ファイルが入っているので、選択してコンテキストメニューから Remove Attachment を選択

      IDE Controller を選択して、コンテキストメニューから Add HardDisk を選択、Choose existing disk を選択し、.vdi ファイルを選択。OK ボタンで設定完了

以上で移行が完了しました。

Mac OS X 10.6.6 / VMWare Fusion 2.0.6 / VirtualBox 4.0.4、VM は CentOS-5.5 32 bit でした。

参考にしたサイト

comments powered by Disqus