Coda 2 の mode メモ

Coda 2 は旧バージョンと mode の互換性がないので、移行するための Tips。

設置場所

style: ~/Library/Application Support/Coda 2/Styles mode: ~/Library/Application Support/Coda 2/Modes

SSS

sss の 要素は各 mode パッケージの中にある、SyntaxDefinition.xml の各ノード scope 属性に対応している

<keywords id="Tags" useforautocomplete="no" scope="markup.tag">
markup.tag {
  color:#881280;
  font-weight:normal;
}

また、dot で区切った scope の上位から継承されるようになっている。以下の場合 scope="markup.tag.attribute.name" のシンタックスは bold で表示される。

markup.tag {
  color:#881280;
  font-weight:bold;
}
markup.tag.attribute.name {
  color:#994500;
}

SyntaxDefinition.xml に記述されていた color, background-color, font-weight … などのスタイルに関する属性は無視される。

1.x の mode ファイルを ~/Library/Application Support/Coda 2/Modes に設置して、Preferences で選択できても、シンタックスハイライトが行われないのは、これが理由。

16c16
<             <keywords id="Arduino Functions" color="#FF8000" casesensitive="no" useforautocomplete="yes">
---
>             <keywords id="Arduino Functions" scope="language.function" casesensitive="no" useforautocomplete="yes">
comments powered by Disqus