時計をオーバーホールに出した + 修理に出す。

Watches

2010年から使っている FORTIS の B-42 Cosmonauts Chronograph Titanium (左、ref. 659.27.11M) が、そろそろ OH 時だろうということで、3月16日に近くに修理窓口のある武蔵小山の質屋さん “東京ぶらんど” に持って行きました。

修理自体は溝口にある “時計のお医者さん.com” が行っているそうです。

4月12日に連絡があり、受け取ってきました。¥ 35,700 だったので、価格表に掲載されている値段よりも安かったです。

右上にある、スタートボタンが押しても戻ってこなかったのも、ちゃんと治っていました。

次は、2014年3月に買ったばかりの NOMOS Glashütte Orion (右、ref. 309) が磁気帯びか何か起因で、静止状態で数時間で停止するようになってしまったので、これから銀座三越 Shellman に持っていきます。

comments powered by Disqus