CAMPFIRE, Inc. の CTO に就任しました🔥

Main

2017-09-01 付けで CAMPFIRE, Inc. に正社員として入社し、執行役員 最高技術責任者/CTO に就任いたしました。

モチベーション

入社が決まる以前、インターネットを通じた労働の機会の民主化の手段について模索して、いくつかのプロトタイプ開発やヒアリングを行っていました。

そんな中、古くからの友人に、代表の 家入 一真 氏 を紹介していただきました。

彼が率いる CAMPFIRE, Inc. には CAMPFIRE WAY なる行動理念が明文化されており、その中で以下のミッションを掲げています:

資金集めを民主化し、お金の偏りを無くし、世界中の誰しもが声をあげられる世の中をつくる

この CAMPFIRE WAY は、前述の自身が模索していたビジョンに通ずるものがあると考え、是非一緒にお仕事させていただきたい旨を申し出、参画させていただくことになりました。

なにをするか

既にサービス提供を開始している CAMPFIREpolca、金融事業から始まり、新規事業、OKIMOCHI のような会社名義でのオープンソースソフトウェア提供に関わる技術的な戦略を策定します。

会社が提供する全てのサービスの技術を統括する立場で、相互に役割を補完し合い、一つの経済圏をつくるべく、以下のミッションを遂行いたします。

  • 中長期的なマイルストーンに対しての技術的なアプローチの策定
  • プロダクトファーストな組織の構築・運営
  • 採用方針の策定・実施
  • インフラとしての事業を守るためのセキュリティー施策の策定・実施

どのように働くか

CAMPFIRE WAY を技術の力で実現する組織を運営していきます。

社内外問わず、人々からアクセスしやすいオープンなチームにする

手段については挙げればきりがないですが、例えば、以下のようなものです

  • 開発内容・業務フロー・設計指針の明文化
  • 情報共有の手段の整理
  • 開発・運用の自動化
  • 情報の可能な限りのオープン化

また、キャリアを通じて注力してきた、技術基盤による開発者の生産性向上へのチャレンジも継続して行います。

怠惰・傲慢・短気 / Laziness, Impatience, Hubris - Larry Wall

このプログラマの三大美徳を尊重し、開発生産性を常に向上し続けるべく、組織と技術を育てていきます。

Oneteam について

2015年8月より2年間勤めてきた Oneteam Inc. のリードエンジニアとしての職は2017年8月末付けで退任し、9月よりアドバイザーに就任いたしました。

同社でも、前述同様の業務を行ってきましたが、これからは、少し物理的に離れたところから、引き続き Oneteam の仲間たちのサポートを行っていこうと思います。

イベント登壇します

2017-09-09 の土曜日、ビズリーチ社 主催の ULTRA BEER BASH に CXO (Chief eXperience Officer) @kotarok と登壇いたします。

2人ともジョインして間もないのですが、 “お金をなめらかにする” プラットフォームづくりの現場 と題して、現在進めているプロダクト部門の体制や、弊社のビジョン、それに対してどう実現していくのかという意気込みを発表しようと思います。

採用してます

CAMPFIRE では、技術の力で “お金をなめらかにする” サービスを一緒に開発していただける、iOS, Android, Ruby や Python, インフラなどのエンジニアを絶賛募集しています。

参照: CAMPFIRE の採用/求人一覧 - Wantedly

興味があるかたは、Wantedly からでも構いませんし、直接長瀬まで連絡をいただいても構いません。

comments powered by Disqus