Hubot スクリプトを gulp と mocha でテスト駆動開発する

 English

今まで 3つの Hubot スクリプトを作って、npm で公開していますが、ユニットテストがないのが、気持ち悪かった & 非効率だったので、gulpmocha を使って、ユニットテストを追加しました。

package.json

devDependencies に以下のパッケージを追加しました。

"devDependencies": {
  "hubot": "^2.7.5",
  "gulp": "^3.7.0",
  "coffee-script": "^1.7.1",
  "gulp-coffee": "^2.0.1",
  "gulp-util": "^2.2.16",
  "hubot-mock-adapter": "^1.0.0",
  "gulp-mocha": "^0.4.1",
  "nock": "^0.34.1",
  "chai": "^1.9.1",
  "gulp-clean": "^0.3.0",
  "gulp-coffeelint": "^0.3.3",
  "gulp-watch": "^0.6.5"
}

テスト用のモジュールを読み込む

以下のモジュールを採用しました。

  • expect マッチャーを使うための [Chai Assertion Library]
  • 偽装 HTTP レスポンスを行うための nock

yourscript_spec.coffee の先頭に以下のコードを追加します。

# Hubot classes
Robot = require("hubot/src/robot")
TextMessage = require("hubot/src/message").TextMessage
# Load assertion methods to this scope
chai = require 'chai'
nock = require 'nock'
{ expect } = chai

偽装 Hubot アダプタ

hubot-mock-adaptersend, reply, topic, play イベントを即時に実行する、シンプルな Hubot アダプタです。

mock-adapter を使って Robot インスタンスを作成します。

robot = new Robot null, 'mock-adapter', yes, 'TestHubot'

これは、以下の意味があります。

  • npm モジュールからアダプタを読み込む。
  • hubot-mock-adapter を採用する。
  • HTTP サーバーは有効。
  • TestHubot ... が先頭に付いているメッセージに反応する。

自分のスクリプトを読み込む

Robot:loadFile メソッドを実行して、テストを行いたいスクリプトを読み込みます。

This method loads listeners and parses command.

このメソッドは、リスナと、コメントに記載されているコマンド例をパースします。

アダプタがデータソースに接続されている必要があるので、connected イベントハンドラ内で実行します。

robot.adapter.on 'connected', ->
  # Project script
  robot.loadFile path.resolve('.', 'src', 'scripts'), 'browserstack.coffee'
  # Path to scripts bundled in hubot npm module
  hubotScripts = path.resolve 'node_modules', 'hubot', 'src', 'scripts'
  robot.loadFile hubotScripts, 'help.coffee'

hubot help コマンドは help.coffee で実装されいます。

help コマンドをテストする

Robot:loadFile メソッドは、非同期でスクリプトを読み込み、コマンド例をパースします。

なので、実際にそのコマンドが読み込まれたか確認してから、scope を抜ける必要があります。

do waitForHelp = ->
  if robot.helpCommands().length > 0
    do done
  else
    setTimeout waitForHelp, 100

それで help コマンドの応答をテストすることができます。

describe 'help', ->
  it 'should have 3', (done)->
    expect(robot.helpCommands()).to.have.length 3
    do done
  it 'should parse help', (done)->
    adapter.on 'send', (envelope, strings)->
      try
        expect(strings[0]).to.equal """
        TestTestHubot help - Displays all of the help commands that TestHubot knows about.
        TestTestHubot help <query> - Displays all help commands that match <query>.
        TestTestHubot screenshot me <url> - Takes screenshot with Browser Stack.
        """
        do done
      catch e
        done e
    adapter.receive new TextMessage user, 'TestHubot help'

Hubot v2.7.5 は、ヘルプのパース処理に、接頭辞を2度付与するバグがあります。

修正して、pull request#712 を送り、マージされました。(まだ npm では公開されていません。)

イベントハンドラで例外を受け取る

イベントハンドラ内でテストに失敗すると、chai.AssertionError が投げられ、そのままだと、プロセスを終了してしまいます。

try catch で囲んで、もし例外を受け取った場合は、done メソッドの引数に、エラーオブジェクトを渡します。

it 'should handle json parse error', (done)->$
  adapter.on 'send', (envelope, strings)->
    try
      expect(strings[0]).to.equal 'Wont be sent'
      do done
    catch e
      done e
  adapter.receive new TextMessage user, 'TestHubot help'

偽装 HTTP

偽装 HTTP レスポンスを行うために、nock を採用しました。nock は、ネイティブ実装の http.ClientRequest モジュールのレスポンスを上書きします。

nock('http://www.browserstack.com')
  .post('/screenshots')
  .reply 200, job_id: 'abcd1234' # JSON response

nock は、全ての HTTP 通信をブロックする機能があるので、beforeEachnock.disableNetConnect() を実行して、有効にします。

do nock.disableNetConnect
http.get 'http://google.com/'
# this code throw NetConnectNotAllowedError with message
# Nock: Not allow net connect for "google.com:80"

詳しくは nock のドキュメントを参照してください。

afterEach でお掃除するもの

HTTP サーバーを閉じる

express サーバーを閉じないと、次のテストで Error: listen EADDRINUSE (ポートがほかで使われている) が発生して、クラッシュしてしまいます。

robot.server.close()

偽装 HTTP を掃除

もし、エラーハンドリングのテストを前に行っていた場合、次のテストで同じエラーが発生してしまうので、nock.cleanAll() を実行して、偽装 HTTP を掃除します。

nock.cleanAll()

gulpfile.coffee

バージョン 3.7.0 から gulp は CoffeeScript で書かれた gulpfile をサポートしています。

gulp watch がテストに失敗すると終了する

gulp-watch は何もしないと、テスト失敗時に終了してしまいます。

以下の様に、エラーハンドラ内で end イベントを発生させ、これを回避します。

gulp.task 'watch', ->
  gulp.src(['src/**/*.coffee', 'spec/*.coffee'])
    .pipe watch(files)->
      files
        .pipe(coffee(bare: yes)
          .pipe(mocha reporter: process.env.MOCHA_REPORTER || 'nyan')
          .on('error', -> @emit 'end'))

mocha パイプは coffee パイプにつながっていることを確認してください。

comments powered by Disqus