Swift Playground for iPad で Bluetooth 機器の一覧を取得する

Main

先の投稿で所感を述べた通り、Swift Playground for iPad の発表に感銘を受けたので、早速遊び始めています。

まず最初に作ったのは、Core Bluetooth の API を使用して、周辺の Bluetooth 機器の一覧を UITableView で表示するサンプルです。Playground Book の形式で GitHub に公開しました。

ngs/Playground-Bluetooth-Book

Core Bluetooth に関して、全く触ったことが無かったので、@shu223 さんの Qiita 投稿 を参考にさせて頂きました。

今回は一覧まででしたが、ちょうど良いデバイスが入手でき次第、実際にデータの送受信を行える様にしようと思います。

このプロジェクトを進化させて、ラップトップを持ち歩かなくても、Bluetooth デバイスとブレッドボード、iPad だけで気軽にスケッチが作られるようになればな、と思っています。

動作デモ

Screen

必須環境

開発者プレビューで公開されている、iOS 10 beta がインストールされている iPad 必要になります。

Apple 開発者サイトの Download ページ からインストーラーをダウンロードし、インストールして下さい。

Playground Book の iPad への転送方法

以下の手順が面倒だったら、Swift コードを Blank プレイグラウンドにコピペするだけでもお試し頂けます。

  • 最新の ZIP アーカイブ をダウンロードして解凍するか リポジトリ を Git でクローンします。
  • iPad の AirDrop を有効にします。
  • Finder で ⌘ + ⇧ + R を入力して AirDrop のウィンドウを開きます。
  • Bluetooth.playgroundbook を iPad のアイコンにドロップします。
  • iPad 上で開くアプリケーションの選択を尋ねられるので、Playground を選択します。

参考

comments powered by Disqus