macOS 環境のための CircleCI Orbs を公開しました

Main

この記事 CircleCI Advent Calendar 2018 の25日目の投稿です。

TL;DR

CircleCI での iOS アプリの開発に利用していた、設定を汎用化し、CircleCI Orbs Registry に公開した、以下の Orbs の使い方と、開発のモチベーションについて記載します。

これらの Orbs のソースコードは、全て以下のリポジトリで管理しています。

ngs/circleci-orbs on GitHub

モチベーション

2014年より、オープンソースで開発している iPhone, iPad, Apple Watch 向け CircleCI クライアント CI2Go は、もちろん、CircleCI の macOS 環境を利用して 継続的インテグレーション・デリバリー を行なっています。

バージョン 1 の時代は、CircleCI 1.0 でのビルド環境を使い、fastlane などの周辺ツールも、今ほど機能が豊富ではなかったので、色々試行錯誤してきました。

ref: iOS アプリの継続ビルドを CircleCI に変更した

2017 年 に CircleCI 2.0 が発表され、同年11月 macOS サポートも開始しました。

しばらく iOS 開発から離れた仕事をしていたので、指を加えて見ているだけでしたが、今年、しばらくメンテナンスが止まっていた CI2Go の CocoaPods での依存解決, Realm (オフラインサポート) を廃止し、バージョン 2.0 として Swift 4, Carthage を使い再構築を行いました。

ref: CI2Go バージョン 2

その当時の設定ファイルが、以下のようなものです。

.circleci/config.yml@v2.0.0

Workflows を採用することで、ビルドプロセスの見通しがよくなり、fastlane の進化により、以前のような、証明書関連や、依存解決に関わるヤクの毛刈りはほとんどなくなりました。

以降、いくつかのプロジェクトで、この CI2Go の CircleCI 設定をコピーして、他のプロジェクトで活用してきました。

今年、11月に CircleCI Orbs が、一般に利用可能になったため、これらの設定を汎用化し、CircleCI Orbs Registry に公開しました。

利用方法

ngs の名前空間で公開しているこれらの Orb は認証を得ていない、サードパーティですので、CircleCI 画面左側ナビゲーション > Settings > Security (https://circleci.com/gh/organizations/{orgname}/settings#security)
より、一つ目のラジオボタン Yes, allow all members of my organization to publish dev orbs... を選択してください。

また、プロジェクト設定 > Build Settings > Advanced SettingsEnable build processing (preview) https://circleci.com/gh/{orgname}/{repo}/edit#advanced-settings がオフになっている場合は、そちらも On にしてください。

Carthage

ngs/carthage

Carthage の依存解決を行います。

デプロイメントターゲットを指定することにより、参照先とプロジェクトのデプロイメントターゲットの乖離による App Store Connect アップロード時のエラーを防ぎます。

ref: Xcode 10 GM - Invalid Binary Architecture when submitting to App Store Connect?

version: 2.1
orbs:
  carthage: ngs/carthage@0.0.2
jobs:
  main:
    macos:
      xcode: 10.1.0
    steps:
      - carthage/setup:
          platforms: iOS,watchOS
          watch_os: '5.0'
          iphone_os: '11.0'
          cache_key_prefix: 2-carthage-
      - ...
workflows:
  main:
    jobs:
      - main

fastlane

ngs/fastlane

fastlane コマンドと、依存する RubyGems の解決を行う Bundler コマンドを実行する、コマンド、実行に求められる環境変数が備わった Executor、単体の lane を実行するジョブを提供します。

version: 2.1
orbs:
  fastlane: ngs/fastlane@0.0.2
jobs:
  build_and_deploy:
    executor: fastlane/macos
    steps:
      - fastlane/bundle-install
      - fastlane/lane:
          command: run match --readonly --type adhoc
      - fastlane/lane:
          command: my_app_build
      - fastlane/lane:
          command: my_app_deploy
      - ...
workflows:
  build_and_deploy:
    jobs:
      - build_and_deploy
      - fastlane/lane:
          command: my_single_lane

SwiftLint, Danger

DangerSwiftLint を実行するジョブを提供します。

version: 2.1
orbs:
  swiftlint: ngs/swiftlint@0.0.1
  danger: ngs/danger@0.0.1
workflows:
  build_and_deploy:
    jobs:
      - swiftlint/run
      - danger/run

macOS 関連以外の Orbs

macOS 関連以外の業務に関わる Orb も公開しています。

  • ngs/clamav : コンテナ内のファイルに対して ClamAV を使って、マルウェアが含まれていないか検査します
  • ngs/dotnet : .NET Core 向けに開発されたプロジェクトを .NET CLI を使い操作します。

今回紹介した、macOS 向けのものも含めて、公開している Orbs は、まだ様々なユースケースに対応できているとは言えません。

是非、活用いただき、GitHub Issues でフィードバックをいただけたらと思います。

comments powered by Disqus